砂に書いた夢

10年ほど前
僕らは砂に書いた夢を見ていた
ずっとこのままでいると
とりとめのない淡い約束

夕焼け 海沿いの道を
二人歩いた 潮風にふかれながら
やがて別々の道を
歩くなんて思うはずもなく

そして涙に暮れて 身動きさえできない
時計の針もまだ動かせずにいた

僕の描いてる夢と
キミの描いてる未来
食い違う時はいつも
僕の背中押してくれたよね
「ありがとう」さえも求めずに

繋いだ手からこぼれた
真っ白い砂はどこか
風に吹かれて飛んでいった
音もたてずに飛んでいった
君を抱きしめたい

夏の終わりが近づくと
思い出すんだ あの頃の光景を
風になびく乾いたシャツも
親しげに揺れる黄色い花も

灼熱の太陽の下
揺れてる陽炎みたいに
胸に刻んだ誓いも
砂浜に書いた言葉も
消えていく 波の音を連れて

滲んだ眼からこぼれた
涙の後を残して
キミはここから消えていった
何も云わずに消えていった
もう戻れない

僕の描いてる夢と
キミの描いてる未来
食い違う時はいつも
僕の背中押してくれたよね
「ありがとう」さえも求めずに

繋いだ手からこぼれた
真っ白い砂はどこか
風に吹かれて飛んでいった
音もたてずに飛んでいった
君を抱きしめたい

続きを読む

風に吹かれて

あの山を越えて
はるかこの場所まで旅してきたんだ
遠回りしたけど

今は乾いた砂に身を委ねて
少しだけ眠ろう

悲しみのその先に広がってる水平線
穏やかな風のメロディー
聴きながら生きていきたい

思えば随分年月が経った
遠い日の記憶はまるで モノクロ写真

今はバイバイなんて言わないでくれ
きっとまた会えるから

出会いとか別れとか繰り返して痛みを知る
その痛みをいま糧に変えて
唄っていければいいかな

誰も皆 不安だとか希望だとか抱えながら
今日もまた風に吹かれて漂って

悲しみを通り抜けてその先に広がる地平線
どこからか響いてるメロディー聴きながら歩いていきたい

いつの日かあの空を飛んでいける
そして幼い日のわたしになれる
そう信じて生きていくんだ

続きを読む

欲望

午前2時のバイブレーション
浅い眠りから引き戻され
窓の外はネオンの街
答えを探して眺めてる

たぶん君は夜のバタフライ
特別な色彩をまとい
闇を中を行ったり来たり
甘い蜜を探してる

下弦で落ちていく月みたいに
満たされない いびつな夜

理性のベールで包まれてる
心のナイフをさらけ出してしまえ

溶けてくチョコレート
みたいな罠に落ちてもう戻れない
次第に満ちてく欲望の香りに
吸い寄せられて抜け出せない…でもハマりそう

どこにいてもアクセスできる
左 後 右 どこからでも
他の何もいらないけど
あなたの声を聞かせてよ

一人でたたずむ不眠の街
割り切れない月の光

僕を惑わせるメロディーが
少し早回しで再生してしまう

魅惑のハニービート
深い闇に落ちてもう戻れない
世間に溢れる欺瞞とまやかし
それは真夏の夜の淡い幻?…でもなさそう

彷徨うラビリンス
無限のループにハマリやり直せない
二人が目指す目的地なんて
どこにもないけど 今はそれでもいい

溶けてくチョコレート
みたいな罠に落ちてもう戻れない
次第に満ちてく欲望の香りに
吸い寄せられて抜け出せない
終わりなきゲームの先は何がある?
これは真夏の夜の淡い幻?…でもなさそう

続きを読む

Ordinarydays

朝の透き通った風
どこか遠くからのメッセージ

君のその小さな手を握りしめて歩く 
それだけで世界は一度に色を変えて
まるで夢幻のよう
通りすぎてく全てストーリー

暮れてゆく街も
雨の足跡も
置き忘れた靴も
月の欠片も
繰り返す

Ordinary days

どうか届いてほしい
いつか僕はここから消えてしまうから

君のために置いてきた
小さなものを拾い集めてほしい
冷たい雨が頬を濡らし空を見上げた時 
遠い記憶の果てでつながってる

ざわめいた春も
燃えるような夏も
赤く染まる秋も
凍える冬も
繰り返す

Ordinary days

誰の声も聞こえない
どんな過去も未来も語らないで

君が見せてくれる世界
一輪の花を送りましょう

Ordinary days

続きを読む

朝起きたら昨日とは違う国に

電球が月のような夜
外では虫の声 リリリ
こちらでは小さな寝息
どこかから固い靴の音

朝起きたら昨日とは違う国に
パンにジャムを塗る頃には
独裁者がおはようって挨拶してる
コーヒーは熱すぎてとても飲めない
そんな朝なんだ

夜がしらけてきた
横には小さな寝顔 ススス
どんな夢を見てるのかな
どこかでまた灯りが消えた

朝起きたら昨日とは違う国に
まるでパンにジャムを塗るように
独裁者は色を染めてしまった
コーヒは苦すぎてとても飲めない
そんな朝なんだ

おはよう
おやすみ
こんにちは
さようなら

朝起きたら昨日とは違う国に
パンにジャムを塗る頃には
独裁者がおはようって挨拶してる
コーヒは熱すぎてとても飲めない
そんな朝だ
コーヒは苦すぎてとても飲めない
そんな朝なんだ

やり直しで やり直しで…

続きを読む

Time (another version)

賑やいだ街 先を急ぐ人 人
灰色の通り 静かに
降りだした雨は 声を滲ませ
そして洗い流していく

悲しみをまとった 兵隊さんはいつか
いくはずもなかったどこかの国で
いるはずもない恋人や家族の姿を
鏡に映して泣いている

And it’s time time time
And it’s time time time
And it’s time time time that you love
And it’s time time time

記憶はまるで 遠ざかる列車のよう
停車駅 思い出の荷をおろす
喜びも悲しみも ひとつにまとめて
手を振っては また歩き出す

強い眼をした少年は うつむきこうつぶやいた
「この国は針のない方位磁石」だって
もう一度戻る事ができるはず
目を閉じても 忘れることはない

And it’s time time time
And it’s time time time
And it’s time time time that you love
And it’s time time time

賑やいだ街 先を急ぐ人 人
通り雨 月が覗いて
髪を濡らした たちんぼの女
月光 涙に反射した

さあ、権力者たちへ怒りをあらわす時
さあ、子供達の未来を語る時
賑やいだ街がその声をあらわす
針は刻む いつもと同じように

And it’s time time time
And it’s time time time
Fuckin’ time time time that you love
And it’s time time time

続きを読む

Time

賑やいだ街 先を急ぐ人 人
灰色の通り  静かに
降りだした雨は 声を滲ませ
そして洗い流していく

悲しみをまとった 兵隊さんはいつも
騒がしい酒場の隅で
いるはずもない恋人の姿を
鏡に映して泣いている

And it’s time time time
And it’s time time time
And it’s time time time that you love
And it’s time time time

記憶はまるで 遠ざかる列車のよう
停車駅 思い出の荷をおろす
喜びも悲しみも ひとつにまとめて
手を振っては また歩き出す

強い眼をした少年は うつむきこうつぶやいた
「世界は針のない時計」だって
もう一度戻る事はできないけど
目を閉じれば また動き出すから

And it’s time time time
And it’s time time time
And it’s time time time that you love
And it’s time time time

賑やいだ街  先を急ぐ人 人
通り雨  月が覗いて
髪を濡らした  たちんぼの女
月光 涙に反射した

さあ、恋人達は 愛を語る時
さあ、子供達は眠る時
賑やいだ街は  やがてまばら
針は刻む   いつもと同じように
And it’s time time time
And it’s time time time
And it’s time time time that you love
And it’s time time time

※トム・ウェイツの「Time」にオリジナル詞をつけたものです。

続きを読む

たからもの

Take You With Me
この夜に
心を開いて
君を迎えにいくよ

Take You With Me
この夜に
答えはいらない
何も話さないで

流れ星は僕の中の何かを壊した
輝きながら

春の日にも
冬の日にも
描いていく
君と生きる日々を
形もなく掴めないけど
それは僕の頼るべき一つの指標

Take me with you
If I could turn back time
泣いたりしないけど
君の欠片を探す

夜空を眺めては同じ過去を
確かめ語り合った

華麗に鳥たちが飛び立つのさ
羽を残して

笑い声も
涙顔も
あの強さも
君の生きた意味も
幻でも構わないから
その全てを見せてあげたい

春の日にも
冬の日にも
描いていく
君と生きた日々を
季節はまた過ぎてくけど
それは僕が守るべきたからもの

続きを読む

部屋のなかの空

あなたと二人
部屋のなかに二人
木立に変わる
限りない緑

あなたといると
ほら天井も消えて
空が見えるの
わたしたちの上に

ずっとこうして
愛し合う私たち
何もないの
他のものは何も

ハーモニカなのね
オルガンかしら
うたってくれるのね
空の彼方で

あなたと二人で
あなたと二人で

※「部屋のなかの空」カーラ・ブルーニを日本語に
※参考:http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

続きを読む

静かな夜

話をしようよ
朝の光が この闇を
溶かすまで quiet night

気まぐれなRadio
流してよDJ 君の代わりには
なりはしないけど

センチメンタルなライト 孤独に誘う
行くあての無い星も 同じようさ

壊れた時計は 狂ったままの
時間を刻んでいくだけ

そしてまた 戻ることなど できもしないけど
静かな夜 窓は開かれたままで

センチメンタルな声に 記憶を辿る
焼け焦げた空も 昨日のようさ

壊れた時計は 狂ったままの
時間を刻んでいくだけ

そしてまた 戻ることなど できもしないけど
静かな夜 閉ざされていくけどまだ

コーヒーは 冷めるでもなく
かといって窓を曇らす事もなく

このまま
堕ちていくだけ
静かな夜 朝日は溶かしていく

続きを読む